ロレックス デイトジャスト36 126201

この超薄型ムーブメントは、各種の機能を追加したバリエーションを展開しながら何十年にも渡りさまざまな形で利用されてきました。今回の キャリバー1120 AT もその一つです。サテライト方式で時刻を示すモジュールを搭載し、ギヨシェ彫りの装飾を施した自動巻きローターをムーブメントの裏面に配しながらも、キャリバー1120 AT はわずか5.45mmと薄く、厚さ12.37mmのケースに収まっていますロレックス レディース。このムーブメントの最も特徴的な点は、時刻の表示スタイルにあります。時刻は、60分の目盛りを付して120度に展開するセクターで表示されます。サテライト方式では、4つの時間数字を配した3枚のディスクが3本のアームに乗り、これらが代わる代わる60分目盛りに沿って移動して時刻を示す仕組みになっています。

ロレックス デイトジャスト36 126201
カテゴリ ロレックス デイトジャスト(新品)
型番 126201
機械 自動巻き
材質名 ステンレス・ローズゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ダークロジウム
ケースサイズ 36.0mm
機能 デイト表示
2018年に発表されたケース径36mmのメンズモデル【デイトジャスト36】。
文字盤は新たに加わったダークロジウムダイアルです。
ムーブメントには14件もの特許を取得し、新開発のクロナジーエスケープメント脱進機を装備した上で70時間ものロングパワーリザーブを確保した自社開発キャリバー3235を搭載します。
イージーリンク機能を搭載したオイスタークラスプを採用したことで、ブレスレットの長さを容易に約5mm調整することが出来ます。

「レ・キャビノティエ」は、ヴァシュロン・コンスタンタンでは、時計のパーソナライズやユニークピースの創作を専らとする部門とされています。この伝統は18世紀にまで遡ります。当時のマスターウォッチメーカーは、ジュネーブの建物の最上階に設けられた光あふれる場所、すなわち「キャビネット」と名付けられた工房で働き、「キャビノティエ」と呼ばれていました。啓蒙主義の新思想に通じ、熟達のアルティザンであった彼らの手の中で、天文学や精密機械工学、芸術などから想を得た比類ない時計が誕生しました。ジュネーブの偉大な時計づくりの伝統を築くことになったこの専門技術は、1755年の創業以来ヴァシュロン・コンスタンタンに脈々と受け継がれてきました。

レ・キャビノティエの4つのユニークピース、シンギング・バードは、“ラ・ミュージック・デュ・タン”と命名されたコレクションを象徴的に称えたモデルです。メティエ・ダールが独特の役を演じ、各ダイヤルはシャンルヴェ・エナメルを用いて仕上げられています。鳥たちを生き生きと描くために、マスター職人は実際に、各ダイヤルに十種類もの色を幅広く用い、これらが微妙な階調を成すようにしました。エナメルのマスター職人がその技を披露する広いスペースを設けるためにオフセンターの時刻表示を採用したため、4つのモデルに選ばれたムーブメントは、超薄型のキャリバー1120ATです。
4つのモデルにはそれぞれハチドリ、アオカケス、アオガラ、コマドリが描かれ、ダイヤル右側には繊細なギヨシェ彫りの模様が施されています。アプライドの60分目盛りを配して120度に展開するこの右側部分は、4つの時間数字を配した3枚のディスクが3本のアームに乗り、これらが代わる代わる60分目盛りに沿って移動して時刻を示すサテライト方式で時刻を表示するエリアに充てられています。

【関連記事】:あるゆるシーンで使える万能なシンプルデザインの腕時計

フランスの老舗バスクシャツのデッドストック生地から再構築した

一貫してフランスの自社工場での生産にこだわり80年近く自国生産の歴史を持つ、1936年創業の老舗ブランド「グッチ 服」。世界3大バスクシャツブランドとしても知られる同ブランドの倉庫で保管されていた90年代のデッドストック生地を使用して、「CAL O LINE(キャル オ ー ライン)」がインラインには存在しない、オリジナルスペックで仕上げたボーダーシャツをリリース。

オーバーサイズなシルエットに同じ幅のボーダー、そしてカラーリングと、 クラシックなバスクシャツのような雰囲気ながらトレンドを控えめに取り入れたバランスが絶妙な1着だ。

稀少なデッドストック生地を使用した限定生産品で、フランス軍に供給していた海軍スペックがデザインのベース。また、裾の両サイドにはスリットが入っていて、左袖部分には両ブランドのタグを配置している。ワンサイズ展開。

現行にはない同ピッチのボーダーのユニークなカラーラインナップは、上で紹介したサックス×ワインに加え、⬆写真 上から時計回りに、グレー×イエロー、レッド×ブルーグレー、パープルの4色。身幅を広めに設定していて、着用するとダウンショルダーのようなシルエットに。

【関連記事】:独自のオンラインショッピング体験とファッション関連のニュースを共有する

至高の輝きに包まれた“秘密”

至高の輝きを放つこのハイジュエリー・タイムピースは、ケースの上部を左にゆっくりと回転させるとマザー・オブ・パールの文字盤が姿を現す、シークレットウォッチです。 そしてこのモデルにはもうひとつの秘密が。腕時計としてのみならず、ブローチやペンダントとしても着用できるユニークな仕組みが採用されています。
に発表されたダイヤモンドバージョンは、エメラルドカットの幾何学的なパターンを強調したハイジュエリー・タイムピースです。カルティエ 時計 レディース18Kホワイトゴールドケースには302個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドがセットされた8角形の7つのステップがピラミッドのようにレイアウトされ、その頂上には存在感溢れるエメラルドカット・ダイヤモンドが配されています。

ホープ・ダイヤモンド
“キング・オブ・ダイヤモンド”と称された創始者ハリー・ウィンストンは、宝石が湛える美しさやクオリティ、希少性に対する比類なき審美眼を持ち、1949年には伝説的な45.52カラットのブルーダイヤモンド、ホープ・ダイヤモンドを獲得しました。それ以来、ブルーはブランドにとって大切なカラーとなっています。
今年新たに発表されるブルーサファイアを配した2タイプの「エメラルド・シグネチャー」は、創業者より継承される豊かなレガシーへの敬意を体現するタイムピースです。ケースにはラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドと、様々な色合いのラウンド・ブリリアントカット・ブルーサファイアが交互に配され、エメラルドカットを象ったシルエットを彩ります。ダークブルーのエメラルドカット・サファイアを冠したモデルには、122個のダイヤモンドと181個のブルーサファイアをセッティング。もう一種のモデルは144個のダイヤモンド、158個のブルーサファイアが鮮やかなカラーグラデーションを描きます。いずれのモデルも、ダイヤルには豊かな表情を湛えるホワイト マザー・オブ・パールを使用しています。

「エメラルド・シグネチャー」は、スイス製クォーツムーブメントを搭載し、3気圧の防水性を備えています。すべてのモデルには、29個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドがあしらわれた18Kホワイトゴールド製バックル付きのサテンストラップに加え、12個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドをセッティングした18Kホワイトゴールド製チェーンとサテンストラップが付属しています。

【関連記事】:ハイクオリティーの世界的ブランド

Moncler Genius の2022年秋冬シーズン第1弾目として 8 Moncler Palm Angels が発売へ

〈Moncler(モンクレール)〉が世界中のクリエイター陣と手を組んで展開する一大プロジェクトの“Moncler Genius(モンクレール ジーニアス)”モンクレール tシャツ。その2022年秋冬シーズン第1弾目として〈Palm Angels(パーム・エンジェルス)〉主宰のFrancesco Ragazzi(フランチェスコ・ラガッツィ)による〈8 Moncler Palm Angels(8 モンクレール パーム・エンジェルス)〉が、6月6日(木)より世界同時発売を迎える。

“Moncler Genius”にとっては第3シーズン目となる2022年秋冬シーズンだが、〈Palm Angels〉にとっては、デビューの2018年秋冬シーズン以来、今回で第2回目。〈Moncler〉の本質とダークな一面を掛け合わせることで、コレクションを通じてパンク精神にも通ずるプロテストの精神を掲げ、大胆なアーバンシルエットを提案。まるでキャンディの包み紙のようなメタリックな色彩からインスピレーションを受けるとともに、それらを破壊、崇高なアートギャラリーの雰囲気と都会の喧騒が融合するようなイデオロギーを表現している。

コレクションのキーアイテムとしてラインアップするのは、メタリックなナイロン素材を使用したビックシルエットのダウンジャケットやルーズかつロングなシルエットのレイブトラウザー。さらに、コラージュパターンを全体に配したインパクト抜群なダウンジャケットや”Palm Angels”のテキストをグラフィティ調のスプレープリントでTシャツやダウンベストに落とし込むなど、ヴァンダリズム(破壊行為)を表現したアーティスティックなアプローチを用い、コレクションを創り上げている。

〈8 Moncler Palm Angels〉は、6月6日(木)より世界同時に一部の〈Moncler〉ブティックと主要セレクトショップのほか、オフィシャルECサイトにて取扱開始。『HYPEBEAST』がお届けするその他の最新ファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。

CFCLの22年春夏新作“壺”のようなシルエットのニットドレス&コード付きサングラスなど

CFCL(シーエフシーエル)の2022年春夏コレクションからウィメンズ&メンズの新作アイテムが登場。ドレスやブルゾンなどを2021年12月20日(月)より順次CFCL取扱店舗ほかにて販売する。

窓から見る風景をイメージした22年春夏新作

CFCLの22年春夏新作“壺”のようなシルエットのニットドレス&コード付きサングラスなど|写真21

前シーズンに引き続き、“ニットウェア(Knit-ware)”をテーマに捉えた2022年春夏コレクション。着目したのは、建物の内側から窓を通して見る風景だ。コレクションピースを通して、初夏の心地よい日差しが窓やファザード越しに差し込む情景を表現する。

“壺”のようなシルエットのドレス

POTTERY DRESS 3 50,600円
POTTERY DRESS 3 50,600円

“壺”のような丸みのあるシルエットが特徴のアイコニックな「POTTERY(陶器)シリーズ」からは、ミニ丈のニットドレスがラインナップ。コンピュータプログラミングによって作り出したボリューミーな3Dフレアが印象的なドレスが、ブラックまたはネイビーのワンカラー、ピンクやレッドまたはブラックやグリーンのマルチカラーで登場する。

ミニマルなユニセックスブルゾン

MILAN RIB BLOUSON 3 53,900円
MILAN RIB BLOUSON 3 53,900円

フラットなカシメとパッチポケットを取り除いたサイドシームポケットがモダンなムードを演出する、ミニマルなユニセックスブルゾンも用意。カラーは、オーソドックスなブラック、チャコールグレー、ネイビーに加え、春らしいライトグリーンを取り揃える。

フェンディは、プリ秋2020のためのビジュアルアーティストヨシュアヴィデスと協力する


プラス:カリフォルニアスカイコレクションの排他的なビデオ
Kaitlinセリオによって
13
カリフォルニアスカイコレクション
カプセルコレクションとコラボレーションはビッグデザインハウスのためにますます一般的になっており、最新のCollabはFendiで私たちの友人から新鮮なことを確認する必要があります参照してください。Pre – fall 2020のために、イタリアのデザインハウスは、バッグ、靴とより多くの広大なコレクションをリリースするために、LAベースの視覚芸術家ヨシュアVidesと協力しました。イタリアの職人は、明日、6月24日に始まる製品のこの新しいセットで、カリフォルニアクールに会います。
カリフォルニアの空と呼ばれる新しいコレクションは、ヴィデスとの排他的パートナーシップを通じて、シルヴィアVenturiniフェンディによって設計されました。これはブランドが彼のユニークな黒と白のスケッチスタイルのアートのための現代美術シーンの間で知られているヴィデスとコラボレーションしたのは初めてです。この前の7月、ブランドはアーティストとHarrodロンドンで限定版ポップアップと『peekabooバー』を開始しました。
このコレクションのためにVenturiniはvidesと並んで働いていました。そして、その人はフェンディのファンお気に入りのバッグに漫画の変身を与えるために彼の商標白黒のカラーパレットを彼の即座に認識できるマーカースタイルと組みました。スカイブルーとライトバイオレットタッチは、エッジや袋のような袋の縁をトレースするクールな3 Dのような効果の範囲を備えたコレクションを終了し、袋によって。
さらに、ヴィデスは、彼の専門知識を遊び心のある花のモチーフだけでなく、象徴的なフェンディFFのロゴを再作成するために描いた。最初は、業界のストリートウェア部門内の彼の作品で知られている視覚的なアーティストとのコラボレーションは、場所の外観かもしれないが、パートナーシップは途方もなく動作します。コレクションは完全にフェンディステープルズでユニークな、グラフィックスピンを提供し、vides ‘;artsy態度でフェンディのアイコンと結婚します。バッグに加えて、カリフォルニアSky Productsも、Edgy RTW、靴とアクセサリーを含みます。バッグ価格は750ドルから5300ドルに及ぶ。Findiを介して、明日6月24日から開始することができます以下のコレクションから見てください。

グランドセイコーはかつてセイコーの戦略でしたが

グランドセイコーブランドの平均価格ポイントが上昇するにつれて、セイコーがかつて存在した場所を埋めるためのブランドとしてセイコーがいる。純粋な数値的見地から、これは実際にいくつかの特定の価格点でカテゴリーを「所有する」戦略的決定をしているセイコーです。グランドセイコーはかつてセイコーの戦略でしたが、グランドセイコーは、その平均価格ポイントを上昇させることによって、直接スイスでより直接競争するために動きました。セイコーPresage(より正式なとドレッシー)のメンバーとセイコーProspex(スポーティでカジュアルな)は、現在、一度に高いセイコーオプションの公正な数を持っていた3000ドル- 4000未満の価格点に居住します。
それはあなたの平均的なprospexとpresageの時計は今日のあなたの平均prospexとpresageの時計よりも優れた製品であることを意味します。ロレックスの人気セイコーがリリースしている新しい腕時計の線の上のアップグレードであるように、より良い機械(そして、春のドライブ)運動のより大きな範囲は利用できます。今すぐセイコーは簡単に500ドル2000ドルの価格ポイントで最も強い製品価値提案のいくつかを持っています、そして、その小売業者とファンはそれを熱心に意識しています。
時計の専門家として私は本当に本物の尊敬のセイコーとグランドセイコーディーラーの一貫した高いレベルが印象的な日本のブランドを持っている。小売業者は、製品に関して、そして、ブランドからのサービスについて興奮しています。これは、伝統的なヨーロッパのブランドの多くを扱うときに感じる不信感と欲求不満を正当化の感覚とは対照的です。何かあれば、セイコーはアメリカの良い腕時計小売業者が伝統的なヨーロッパの高級時計ブランドの良い数とますます壊れている関係を持っているという事実に関して銀行に出会えることができます。
今日の激励されたセイコーは熱心に世界的な高級時計市場の脆弱性に気づいています、そして、セイコーとその同僚が長年作っていたものの永続的な価値に自信があります。伝統的な時計(その多くの形で)がその歴史のコースの上でいろいろな嵐を風化させたということを知っているために、日本のwatchmakingで十分な歴史が、あります。そのような嵐の後、残っている傾向は、消費者に最も永続的な価値提案を提供する最も強く位置するブランドです。セイコーが新しい部品を発見しているところはマーケティングの世界です。米国での強力な管理チームに注意深く聞くことによって(セイコーウォッチの需要を作成するグローバルリーダーです)、セイコーはまた、彼らの製品の品質によってバックアップされた非常に効果的なマーケティングマシンになるために設定されています。
セイコーのためのソフトスポットを常に持っていた手首腕時計愛好者として、日本の腕時計メーカーは、現在再び私の注意にしっかりした握りを持ちます。セイコーは、特定の非常に重要な価格ポイントで打つために、次の数年の間、腕時計業界でその位置を固め続けます。 ロレックス ROLEX (新品) |腕時計の販売・通販これらの500ドル3000ドル(主に)価格ポイントは、私は巨大な消費者の関心を参照してくださいとセイコーは再びこのアリーナでリーダーシップを求めて賢明だと思います。彼らの結果はすでに彼ら自身のために話す。
他の企業がセイコーから何を学ぶか一つには、セイコーは誠実に私たちが何であるか、そして、誰がそれを買うことに興味があるかという質問に答えました?「第二に、セイコーは「どこで我々は我々の努力を置きたいですか、そして、我々は我々の基盤をどう構築するかという質問に答えましたか?」「これらの質問を聞いて答えることによって、我々は集中して、一見自信がある位置でセイコーを見つけます。彼らが続けるために必要とするすべては、彼らが北アメリカの消費者がセイコーと持っていることを望むブランディング関係を彼ら自身に尋ねていて、それからさらなる関係の更なる方法を構築することです。

新しいダイバーの腕時計の詳細な観察

材料の品質のような重要な要因を超えて、動きのエンジニアリングソリューション、読みやすさ、水の抵抗などを見て、別の、ほとんど議論されていないか、時計の側面を見た。
今月Petitegenev . comで我々は新しいロレックスオイスターパーペリアルシードワイアを見て-そして、別の記事では、今月も、submariner日。つの象徴的な、すべての有能なロレックスのプロダイビングダイブウォッチ別の割合が同じように大きな魅力。あまり知られていない詳細に飛び込もう。
ロレックスは、半年間約2000フィート(610メートル)耐水性評価、例外的な可読性と妥協しないパフォーマンスへの本当の献身で、1967年に海の住人を始めました。海の住人は、これまで以上に強く戻ってくるには、半世紀以上にわたって、これらの価値観をしっかりと維持した。
2017は、拡大し、まだより多くの有能なロレックスオイスターPerpetual海居住者のデビューを見ました、ロレックスの製造能力だけでなく、はい、重要性の上でハイライトを置く時計。 ロレックス専門店クォーク | ROLEX腕時計の販売43ミリメートル幅では、海の住人は3ミリメートルで成長した-実際には、実際には、時計がどのように見て、着られるかに大きな違いを生んでいる。
我々は、ロレックスが、より大きな、42 – 44 mmの時計のために最近開発された大規模な世界的な要求を満たす拡大された腕時計をつくるために本当にかなり長い時間をとったことを認めることによって、若干の自己反映を実践しなければなりません。
確かに、深海は常にまわりにありました、そして、空の居住者も実質的にサイズの腕時計です、しかし、より着用可能なサイズの、しかし、大きなロレックススポーツ腕時計の顕著な不在がありました。
しかし、それはここで注目すべき点です:ロレックスは、もう一度提供するために長い時間がかかったが、より大きなモデルを作成するためにかかった時間は、例外的な比率、強化された手首の存在と驚くほど着る快適さをもたらした。
単にここに数ミリメートルを追加するには困難な偉業はない-は、歓迎されない裾と快適さに有害な効果を追加せずに腹を追加するには、今は本当の挑戦です。
手に新しいロレックスオイスターPerpetual海の居住者を保持するとき、あなたが小柄なGeneve Petrovicブティックで持つことができる経験は、個人的には、強力な印象とパフォーマンスに焦点を当てた間のバランスにスポットを認めることができます。
ほとんど知られていない顕著な詳細は、海の住人のケースが実際に2017のモデルで成長した方法です、しかし、そのダイヤルまたは厚さででなく。そのように、新しい、43 mmの広い居住者は、増加しているサイズと見張り人の目に美しいままでいる間、印象的な綱渡り歩行を実行します。黒いcerachromベゼルの増加した幅は目にすぐに目立つので、より広い、エレガントな形の、ロレックスオイスターケースの鋭い見えているラグに比較して比例してより大きく見えるより広いブレスレット終わりリンクです。
ブレスレットの話:海の住人のブレスレットは、絶対的な快適さと安全な合うものを確実にするオイスターロック留め金が同梱されています。この高性能ダイビング腕時計の留め金は、Glidelockと同様にFliplock拡張システムによって取り付けられました。
比較的小さいダイヤル(40 mmの潜水艦と同じサイズ)は、大きくて厳しい周囲で、潜水艦の装置のダイヤルのように、意図的に見えます。ロレックス(ROLEX)の腕時計浸入タイミング、その埋め込まれたピップ、クラウンガード、トリプル巻クラウンとプロの送受話器を持つ単方向ベゼルは、海の住人に真の、高性能ダイバーをレンダリングします。その間、全体的な厚さは古い40 mmの広い居住者と全く同じままでした。そして、犠牲を着用することに関して犠牲がないことを意味します、あるいは、カフまたはシャツの袖の下で腕時計スライドを持つならば、それは望まれなければなりません。
これは、海の住人の素晴らしいパフォーマンスを犠牲にせずに達成されています:耐水性は、4000フィートまたは1220メートルのままです-海の住人が1978年以来持っていた最も印象的な評価。この例外的な評価は、ヘリウムエスケープ安全弁の使用を伴い、ケースの左側にフラッシュセット。

情熱はコレクターが偉大なビニールのために大きなお金を費やしたい助けて年齢ロレックス. 私たちは

Ullumatumセールに戻ると、それは劇的に私は3000万を予測し、すべての32デイトナの22.5万ドルの販売?コースではなく、それはすべての問題では、8832百万ドルでロックフェラーセールではなかったとの結果を比較している。私のミスは、2013年のデイトナ・テーマセールの予想と比較して、50のロットが1000万ドルで売られたとき、それはそれからわずかに少ない1000万人、平均200 kでしたすべての50のロットは、彼らの現実的な予想と比較して非常によく実行しました。当時、私は私の椅子で立ち往生しました、私が今回でなかった何か。私はオーレルバックスが入札を探しているのを見ました、しかし、誰でも結果に満足していますが、この競売はBacs最高のパフォーマンスでありませんでした。 中古腕時計 ロレックス 製品一覧彼は少し無力、彼のジョークは、アクションがなくなっていたという事実をオーバーシャドウする必要があった、時には部屋が完全に死んでいたすべてのアクションは、匿名の書面と手数料の入札、インターネットや電話の入札と2つの多くのサードパーティの保険を持って来た、何十億ドルのアート市場に資金調達を参照してください。最近買った人を見つけるのはとても難しくなってきた・・・。
ビンテージロレックスのための結果は、例外的に、私は非常にフィリップストップドルだけでなく、まれなロレックスのために支払われただけでなく、サザビーのでは、超熱帯ニューマンは、CHFの100万近くに販売されていることを見てください。Christieのものは、この印象的なこの時でありませんでした、そして、品質が大きくないとき、買い手は彼らが高い見積もりを持つだけで、ビンテージロレックスを拾わないことを示しました。MK 1ポール・ニューマンは売らなかったが、600万~120万の見積もりはこの品質のために非常に高かった。市場は開発されており、最も重要なオークションのレポートの多くの年後に、あなたのためにRPRでここで示しています、私は訪問した多くのコレクターの会議を訪問し、私が一緒にオンラインで利用可能なすべての一緒に読んで、それについて学ぶために利用してきた議論の何千もの、情熱はコレクターが偉大なビニールのために大きなお金を費やしたい助けて年齢ロレックス.
私たちは、私たちのほとんどがもうニューマンを買うことができない点に来ました。実際、私は、私の期待が高く、ここ数年の間、デイトナ価格が非常に速く上がったので、コレクターのためにほとんどあまりに速く、私の期待を吸収します。ロレックス ROLEX (新品)空港に戻って、私はその結果を分析している著名なデイトナコレクターと話しました、そして、我々の両方は市場が完全に販売のために来た例外的な状況を理解しなかったという結論に来ました。このレベルの完成に到達するには何年もの集中的なアップグレードが必要であり、我々の結論は現在のバイヤーが主にユニークな投資としてそれを見て、希少性についての事実に対してより情熱的でないということであった。実際にそれは、この聖杯ロレックスを見つけるために何年もの間、委託者を取った事実は、価格が非常に高い理由です。集中的に私は世界中を旅して、個人的なコレクションに隠されているこれらの貴重なオファーを見ることができる超レアDaytonaの私のシェアを買った。これは非常には、任意の将来の販売で例外的なデイトナのこのラインを打つことは難しい。

世界で十分なエグジーターがなかったことが明らかになりました

ゴーンは滑らかな磨かれたサラウンドによって取り替えられる回転しているベゼルでした、黒いハニカムダイヤルは質素なマットのものに失われました、そして、ギザギザの秒手は標準的なまっすぐな、赤い先端の事件に戻りました。

初めて、Milgaussはオプションの範囲で提供されました。バイヤーは、特に確かにCERNによって要求されたもう一つのバージョンとともに、ブラックまたは銀顔でモデルから彼らの選択をすることができました;LUMEなしで銀のダイヤル。 ロレックス – Wikipediaトリチウムロレックスは当時のラジウムよりはるかに安全であったが、まだ放射性物質であり、科学者が使用していた非常にデリケートな装置と干渉する。

すべてのLUMEが手と時間インデックスから取り除かれるいわゆるCERNダイヤルモデルは、ビンテージMilgaussの例の後、最も求められるものの一つです。

1988年までには、現実的な懸念としてミラガウスを維持するために、世界で十分なエグジーターがなかったことが明らかになりました。特に売上高が一貫して失望していて、特にブランドの大きい打者のいくつかと比較して、時計は引退しました。

それがそうであったように思えましたが、ロレックスは彼らが21世紀のためにMilgaussをリリースしたとき、19年後に皆を驚かせました。REF . 116400はBaselworld 2007で発表されました。そして、それはブランドの現代的な美学とうまく合っていましたが、過去の参照への1つまたは2つのnodsをまだ持ちました。

寸法は残りの工具時計ファミリの多くに合わせて40 mmまで増加し、通常の904 L鋼(ロレックスによってほとんど排他的に使用されるめちゃくちゃ厳しい合金)から鍛造された。

それはまだその運動を保護するために柔らかい鉄のケージを使用しました、しかし、Chairのhairspringと脱出車輪。新品 ロレックス3131は現在も自然な常磁性材料から作られており、さらに抵抗をアップしていた。

ベゼルは前のREF . 6019から滑らかで、洗練されたタイプのままでした、しかし、最も重要にオリジナルのファンにとって、電気秒針は戻っていました、そして、今度はそれは明るいオレンジで来ました。

それらの初期モデルは、透明なサファイアクリスタルで覆われた黒または白のダイヤルのいずれかで来ました。しばらくして、REF . 116400 GVがリリースされました。今回、クリスタルはとても緑の色合いを与えられました。そして、他の誰よりもより多くの時計関連特許を所有しているロレックスがとても複雑であるテクニックを含んでいました。