ロレックス デイトジャスト36 126201

この超薄型ムーブメントは、各種の機能を追加したバリエーションを展開しながら何十年にも渡りさまざまな形で利用されてきました。今回の キャリバー1120 AT もその一つです。サテライト方式で時刻を示すモジュールを搭載し、ギヨシェ彫りの装飾を施した自動巻きローターをムーブメントの裏面に配しながらも、キャリバー1120 AT はわずか5.45mmと薄く、厚さ12.37mmのケースに収まっていますロレックス レディース。このムーブメントの最も特徴的な点は、時刻の表示スタイルにあります。時刻は、60分の目盛りを付して120度に展開するセクターで表示されます。サテライト方式では、4つの時間数字を配した3枚のディスクが3本のアームに乗り、これらが代わる代わる60分目盛りに沿って移動して時刻を示す仕組みになっています。

ロレックス デイトジャスト36 126201
カテゴリ ロレックス デイトジャスト(新品)
型番 126201
機械 自動巻き
材質名 ステンレス・ローズゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ダークロジウム
ケースサイズ 36.0mm
機能 デイト表示
2018年に発表されたケース径36mmのメンズモデル【デイトジャスト36】。
文字盤は新たに加わったダークロジウムダイアルです。
ムーブメントには14件もの特許を取得し、新開発のクロナジーエスケープメント脱進機を装備した上で70時間ものロングパワーリザーブを確保した自社開発キャリバー3235を搭載します。
イージーリンク機能を搭載したオイスタークラスプを採用したことで、ブレスレットの長さを容易に約5mm調整することが出来ます。

「レ・キャビノティエ」は、ヴァシュロン・コンスタンタンでは、時計のパーソナライズやユニークピースの創作を専らとする部門とされています。この伝統は18世紀にまで遡ります。当時のマスターウォッチメーカーは、ジュネーブの建物の最上階に設けられた光あふれる場所、すなわち「キャビネット」と名付けられた工房で働き、「キャビノティエ」と呼ばれていました。啓蒙主義の新思想に通じ、熟達のアルティザンであった彼らの手の中で、天文学や精密機械工学、芸術などから想を得た比類ない時計が誕生しました。ジュネーブの偉大な時計づくりの伝統を築くことになったこの専門技術は、1755年の創業以来ヴァシュロン・コンスタンタンに脈々と受け継がれてきました。

レ・キャビノティエの4つのユニークピース、シンギング・バードは、“ラ・ミュージック・デュ・タン”と命名されたコレクションを象徴的に称えたモデルです。メティエ・ダールが独特の役を演じ、各ダイヤルはシャンルヴェ・エナメルを用いて仕上げられています。鳥たちを生き生きと描くために、マスター職人は実際に、各ダイヤルに十種類もの色を幅広く用い、これらが微妙な階調を成すようにしました。エナメルのマスター職人がその技を披露する広いスペースを設けるためにオフセンターの時刻表示を採用したため、4つのモデルに選ばれたムーブメントは、超薄型のキャリバー1120ATです。
4つのモデルにはそれぞれハチドリ、アオカケス、アオガラ、コマドリが描かれ、ダイヤル右側には繊細なギヨシェ彫りの模様が施されています。アプライドの60分目盛りを配して120度に展開するこの右側部分は、4つの時間数字を配した3枚のディスクが3本のアームに乗り、これらが代わる代わる60分目盛りに沿って移動して時刻を示すサテライト方式で時刻を表示するエリアに充てられています。

【関連記事】:あるゆるシーンで使える万能なシンプルデザインの腕時計

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s